トップアフィリエイターが密かに使っている3つのキーワード選定法を伝授!
プレゼントを受け取る!  プレゼントを受け取る!  プレゼントを受け取る!
【期間限定:サイトアフィリエイトの裏技を特別プレゼント中!】
メールアドレス(必須)
お名前(姓)

ペラサイトが弱い理由

数日前に購入者さんから
「ペラサイトが中々上位表示されないのですが、何故ですか?」
といった趣旨の質問を頂きました。

あなたは何故だか分かりますか?

必ずしも『ペラサイトが上位表示されない』
というわけではありませんが、
SEO的に不利なのは間違いありません。

何故か?

主に3点あります。

内部リンクがない

グーグルは以前のヤフーと比べて
内部リンクを重視している傾向にあります。

ですが、ペラサイトでは内部リンクがありませんので
当然、この部分で弱くなってしまいます。

ディープリンクができない

前にも書きましたが、
グーグルはサイト全体で評価しますので、
個別ページにバランスよくリンクが付いている
サイトはSEO的に強いサイトになります。

逆にペラサイトは1ページしかありませんので、
個別ページへのリンク(ディープリンク)が
張れませんので、当然SEO的には弱くなります。

ペラサイトへの加点が少ない?

グーグルはサイトを点数化し、
その順番通りに検索結果として
表示させていると考えられていますが、
ペラサイトの場合には
加点が少ない、もしくはない
と推察されています。

【補足】
ペラサイトへの加点、減点については
実際にはグーグルにしか分かりませんので、
憶測のレベルです。


以上のことから、
SEO的にペラサイトが弱い
というのは当然と言えます。

  • 内部リンクがない
  • 個別ページへのリンクが出来ない
  • 加点が少ない

という状況ですので、
ライバルが強い場合には
上位表示が難しくなるわけです。

SEOは相対評価

ですが、
SEOは相対評価ですので
ライバルが弱い場合には
ペラサイトでも上位表示されます。

今後どうなるかは
分かりませんが、
パンダアップデート後も
ペラサイトが上位表示される可能性はあるでしょう。

ただし、今後の方向性としては
ペラサイトを上位表示させ続けるのは難しいと思いますので、
なるべくページ数を増やし、
各ページにリンクを付けていった方が
検索順位は安定します。


長期的にサイト・ブログで稼いでいく、というのであれば
個人的にはある程度のページ数のサイトやブログを
作成していくことをおすすめします。


トップアフィリエイターが密かに使っている3つのキーワード選定法を伝授!
プレゼントを受け取る!  プレゼントを受け取る!  プレゼントを受け取る!
【期間限定:サイトアフィリエイトの裏技を特別プレゼント中!】
メールアドレス(必須)
お名前(姓)

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ